オンラインカジノは合法?違法?

    ★目次★

  1. オンラインカジノは違法?合法?
  2. グレーゾーンの本当の理由
  3. どういう場合が無罪?有罪?
  4. インカジとは?

オンラインカジノは違法?合法?

2016年の3月頃に、日本で初めて、「海外運営のオンラインカジノを日本国内で遊んでいた3人の日本人プレイヤーが逮捕される」という事件がありました。
 
そのうちの1人が逮捕は妥当ではないと争い、2017年年初め、見事に不起訴(推定無実)を勝ち取りました
 
 
これは長年、オンラインカジノは合法か違法かの論争に終止符を打つような事件です。しかし完全に合法なのか違法なのかというと曖昧な位置にいます。
 
一度逮捕されたのにどうして無実になったのでしょうか?
 
ほかのオンラインカジノサイトを見ていると簡単にしか説明してない場合もあるので、ここでは詳しく説明します。
(合法と言い切る悪質なサイトもあるので注意してください。)
 
当サイトに来てくれた方やこれから始めようという方には、悪徳(違法)なオンラインカジノに引っかからないように、違法になってしまう場合とならない場合の区別ができるようにして頂きたいからです。
 
特に後述する「インカジ」については必ず読んでおいてください
知らず知らずのうちに賭博罪に抵触していたなんて嫌ですよね。読めば簡単にスッとわかるようにしているので、見てもらえるとうれしいです。
                   

▲ページTOPに戻る

日本で賭博は刑法で賭博罪として禁じられています。
できる賭け事と言えば、特別法で認められた公営ギャンブル(競馬・競艇・競輪・宝くじetc…)くらいで、本来パチンコもお金を賭けられないはずです。
※気になる方はこちら パチンコはなぜ違法にならないか?

 

不起訴になったけどグレーゾーン?

先の事件で不起訴となった理由としては、海外のオンラインカジノを日本から利用した場合、確立した法律が無いままに罪に問うことはできない事がある。よってオンラインカジノは完全に違法とは言えない
 
という解釈が一番しっくりくると思います。

▲ページTOPに戻る

 

【重要】
違法かどうか抑える点は2つ
  • 刑法の基本的な考え方は、対象の行為の一部が日本で行われていれば、日本の刑法が適用されること
  • 賭博罪は、1人ではできない犯罪です。
    相手(親元やその仲間)がいて初めて成立するものです。
    要は賭博する人と相手方とセットで初めて違法になること
つまり
     
1.賭博行為の一部が日本で行われて
2.相手(カジノ側)がいた場合は罪に問われる
     
ことになります

 

▲ページTOPに戻る

グレーゾーンと言われる一番の点

                     
【海外に開設されたオンラインカジノ】
(運営会社とサーバーが海外)
           +
【合法の国で合法的にライセンス取得しているケース】
          
 
賭博する人と相手方とセットで初めて違法になりますので、片方(海外のカジノ側)を罰することが難しい状態になるわけです。
          
 
現在のところ、日本人が日本から合法のオンラインカジノに、ネットを介してギャンブルすることは日本人が海外に行き、海外のカジノを楽しんだ状況と同じような扱いです。
         
それに日本では、カジノを観光誘致の策のひとつとして、公営ギャンブルとして国が運営する流れも出ています。
              
これからの時代でカジノだけ禁止にするということは、パチンコ業界の徹底的な反発がない限りはおそらくないと思われます。

▲ページTOPに戻る

どういう場合は罪に問われない?
・海外カジノに実際に行った場合

例えば、日本国籍の人がラスベガスやマカオでカジノをやると犯罪なのかというと、日本国籍の人が海外でカジノをする分には、法律的に問題ありません。
 
なぜなら、賭博罪は、日本国内で罪を犯した者に適用され、海外にて賭博行為した場合には適用されないからです(刑法1条1項)。
 
日本からネットを介して合法のオンラインカジノをする場合はこれと同じような扱いになってます。

 

【重要】罪に問われる場合
・インカジ(非合法の裏カジノ)の場合

インカジとは本来はインターネットを使用したカジノを指すことが多いですが、日本では少し違った意味で使われます。
 
ネットカフェなどの店内でパソコンやタブレットで、オンラインカジノを遊ぶ場を提供し、払戻しの際にその場で現金に交換してくれる場のことです
 
ここまで読んでいただいてる方ならすぐにわかると思いますが
 
「その場で現金に交換=日本国内での賭博行為の一部」
 
になるわけです。
 
日本国内の店内に店長(相手運営)と顧客が同じ場所にいる時点で適法のライセンスを取得したオンラインカジノを利用していたとしても賭博罪にあたるのです。オンラインカジノは公営ギャンブルではないですからね

▲ページTOPに戻る

インカジをする理由

どうして危険を冒してまでインカジでオンラインカジノをする人が出てくるのでしょうか?
それは即時現金での換金と為替手数料がかからないことが理由です。
        
オンラインカジノは日本ではなく海外の企業になりますので、基本はユーロや米ドルでの取引になります。
       
・入金や出金の時には為替手数料がかかる
(取引方法によって変わってきます)
 
・出金するまでに時間がかかる場合がある
(取引方法によって変わってきます)
    
日本にいて、その場で換金できる理由からインカジを利用する人が出てきてしまうんですね。
換金業務は賭博の一部運営になり違法ですので絶対にやめましょう。

▲ページTOPに戻る

オンラインカジノ初心者の方へ

オンラインカジノを始めたばかりの人。
興味を持ち始めた人がもしこのサイトを見て頂いてるなら
 
一度無料プレイをしてみることをおすすめします。理由としては実際に体験していただいたほうが実感して頂けるからです。
 
現在は日本語に完全に対応しているカジノが多くなってきていますので、昔の私と同じで躊躇している方がいましたらプレイするまでサポートしますので一度体験してみてください。
 

 
 


★ベラジョンカジノ

★カジ旅

★エンパイアカジノ

コメントを残す