STICPAY(スティックペイ)について

STICPAY


 

STICPAY(スティックペイ)とは?

エコペイズと同じくSTICPAY(電子マネー口座)を介して国内海外問わずに資金の入出金ができる電子決済マネーになります。

マイナーなオンラインカジノが採用しているSTICPAYですが方法によってはエコペイズよりも入出金の手数料が格安でできます。
メジャーなカジノはエコペイズを採用していることが多いため汎用性は低いけどSTICPAYは入出金の多さと手数料の安さで勝っていると言えます。


 
ちなみに何故エコペイズやSTICPAYを使ってカジノへ入金するのかはオンラインカジノの始め方を参考にして下さい。

私がいつもプレイしているベラジョンカジノは採用していません。視聴者の人から勧められてやっているKonibetカジノ(中級者用~)で採用しています。手数料を安くして現金で入金がしたい!って方にはおすすめです。

↓Konibetの登録方法はこちら

 

STICPAYのメリット(長所)

手数料が安く多様な入金方法がある点がSTICPAYの強みであると言えます。
中でも国内銀行送金は銀行のATMやネットバンキングから振込(現金も可)でクレジットカードや他の入出金方法を利用できない人にとっては非常に助かります。

 
入金おすすめ

●国内銀行送金(おすすめ
 手数料:2.0%

●クレジットカード(VISA、MasterCard)
 手数料:3.85%

●ビットコイン
 手数料:1.0%

●海外銀行送金
 手数料:1.0%

 
出金おすすめ
手数料はSTICPAYにかかるパーセントです。

●国内銀行送金
 ¥800+1.5%

STICPAYカード(おすすめ)
 手数料:1.3%
※カード発行には”パスポート”が必要になります。

●ビットコイン
 手数料:1.0%

 

STICPAYカードはセブン銀行から口座に入っている資金を引き出すことができます。
もちろんSTICPAYの$口座であっても日本円で引き出せます。
手数料もわずか1.3%という安さなので非常におすすめですがカード発行にはパスポートが必要になってきます。

STICPAYのデメリット(短所)

エコペイズや他の電子決済マネーと比較するとSTICPAYの短所という短所は少ないです(個人の感想)。
強いていうのであれば採用しているカジノが少ないという点です。

エコペイズが発行していたエコカードが利用停止になって困っていた方はSTICPAYカードを利用してみてはいかがでしょうか?


 

 

One Response to “STICPAY(スティックペイ)について”

コメントを残す